ボールペンの応急処置と染み抜き

ボールペンのインクに関して、適切と断定できる応急処置方法はありません。もちろんシミは全てにおいて乾く前であればシミは落ちやすく、乾く前であれば何らかの対処も出来ますが、ボールペンは速乾性のモノが多いので何とも難しい。

 

ボールペンのシミが洋服に着いた場合の応急処置としては、染み抜きと同じものになりますが、やはりアルコールジェル、台所用洗剤、除光液など使ってみるのが一番効果的でしょう。

 


<スポンサーリンク>


用意するもの

ボールペンのシミの落とし方

最初にアルコールジェルをシミ部分に付け、歯ブラシでトントンしてみましょう。それで落ちない場合は台所用洗剤をシミの場所に付けて、再び歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩く。それでも落ちていない場合は、最終手段として漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

 

ボールペンのシミの落とし方
〈スポンサーリンク〉