マンゴーのしみ抜き方法

マンゴーは見た目からシミになりそうに見えませんが、果汁が豊富で服についてしまう場合があります。シミの中でも油断しがちなタイプで、ついても「まぁ、いいか」と放置してしまう場合がありますが、意外と落ちにくいので、乾く前に処理をするのが大きなポイントです。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



マンゴーのシミヌキ方法は?

用意するもの

マンゴーのシミが付いてスグの場合は流水だけで落ちると思いますが、乾いてしまうと簡単には落とせない可能性があります。いわば染まった状態に近くなる事もあるので要注意です。

初期の段階では台所用洗剤で落とせますが、漂白のしみ抜きは必要かと思われます。家庭でする場合に準備するものは、台所用洗剤液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダクエン酸です。

 

シミの落とし方

最初に台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

マンゴーのシミの難易度は?

 

〈スポンサーリンク〉

 



その他のしみ抜き方法