生クリームのしみ抜き方法

ケーキの生クリームは服についてもシミになるような感じがしませんね。でも意外と油分があって洗濯機で洗ってもシミが残る場合が多い。しかもスグにはシミにならなくても、そのまま放置していると時間の経過とともに黄ばみを発生させる原因の元になります。けっこう子供の服で黄ばんでるものは、これらアイスやジュースが付いたままになっているのが原因であることが多いのです。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



生クリームのシミの難易度は?

 

用意するもの

生クリームのシミは簡単に落とす事が出来ます。シミが付いてスグの場合も乾いてしまってからも、流水である程度は薄くなり簡単に落とせます。しかし放っておくと変色や黄ばみを起こすので要注意。

家庭でする場合に準備するものは、台所用洗剤、液体酸素系漂白剤、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸です。ただし漂泊まですることは殆どないでしょう。

 

シミの落とし方

最初に台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

生クリームのシミの難易度は?

 

〈スポンサーリンク〉

 



その他のしみ抜き方法