汗しみ(黄ばみ)のしみ抜き方法

クローゼットから服を出してみると襟元や脇の下などに黄ばみを見つけて唖然としてしまった経験はありませんか?汗は無色透明ですが、しっかり落としておかないと酸化して時間の経過と共に黄ばみを起こします。

 

黄ばみも早い段階であれば落ちやすいけど古ければ古いほど困難に…。では黄ばみを見つけた時の対処法を見てみましょう。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



汗のシミで黄ばんだシャツのシミの落とし方は?

用意するもの

汗で黄ばんだのシミ抜きを自宅でやる場合に準備するものは、台所用洗剤液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダクエン酸です。黄ばむ前の単なる汗だけの場合は洗剤などは使わず水だけでも簡単に落ちます。早ければ早いほど落ちやすいシミと言えます。 汗は乾いて時間が経過すると酸化して黄ばみ変色を起こすので厄介です。黄ばみも早い段階であればキレイに落ちますが、時間の経過した黄ばみは完全に変色していて取り除くのは困難です。

 

シミの落とし方

黄ばみを感じた場合、最初に台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

汗のシミの難易度は?
〈スポンサーリンク〉

その他のしみ抜き方法