生理のしみ抜き方法

生理によるシミ、つまり血液のシミは乾く前であれば水道水だけでも落とせます。乾いてからは難易度がグッと上がります。しみ抜き方法としては様々な方法がネット上で紹介されていますが、ここでは酸素系漂白剤の処置を紹介しましょう。

 


スポンサーリンク
生理のシミの落とし方


用意するもの

自宅でやる場合に準備するものは、台所用洗剤液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダクエン酸です。乾く前であれば洗剤などは使わず水だけでも簡単に落ち、早ければ早いほど落ちやすい。 時間が経過すると厄介なシミになりますので、染み抜きには覚悟が必要です。

 

最初に台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

血液のシミ抜きポイント

血液の染み抜きをする場合、加熱は厳禁とネットなどの情報で良く見かけますが、染み抜きの際にお湯を使うのはOKです。むしろお湯を使用した方が良く落ちます。

 

もちろん沸騰したお湯などは厳禁ですが、お風呂の温度程度の40度位ならぜんぜんOKです、むしろ理想的でしょう。何故なら人間の体温ほどの温度でどうこうなっていまうのであれば、私たちは生きることも出来ないからです。

 

生理のシミの落とし方の難易度は?
〈スポンサーリンク〉

その他のしみ抜き方法