うがい薬のしみ抜き方法

うがい薬と言えばイソジンのイメージが強いと思いますが、あの独特の色は服につくと厄介そうですね。ところが普通に洗濯するだけでキレイに落ちる場合が多いです。しみ抜きとしては特に何もしなくて良さそうに感じますが、もしもシミになった場合はパパッと処置をしましょう。

 

スポンサーリンク
うがい薬のシミの落とし方

用意するもの

うがい薬のシミは見た目よりも簡単に落とす事が出来ます。もちろん服の素材やシミの状態によっては落ちない場合や難しい場合もありますが、でも殆どが簡単に落とせます。シミ抜きとかの必要もなく流水だけで落ちる場合も多いですが、残ってしまう時は台所用洗剤を使ってみましょう。

 

うがい薬のシミの落し方

 

最初に台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。おそらくこれだけで落ちるはずです。

 

ただし、もしも落ちていない場合は漂白剤を使った処置が必要になります。ここまでしなくて大丈夫と思いますが…。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

うがい薬のシミの難易度は?
〈スポンサーリンク〉

その他のしみ抜き方法