サビのシミの落とし方

ふと気が付くと服やズボンに赤茶けたシミが付いていた!そんな経験はありませんか?日常生活においてサビが服に付いてしまうことって意外と多いようです。比較的落としにくい部類には入りますが、取れるときは面白いようにキレイになることも多い。

 

スポンサーリンク
サビのシミの落とし方

用意するもの

サビのシミは他のシミと少し落し方の手順が異なります。サビはホームセンターでさ「サビ取り」と言うものが販売されていたら、それを購入してしみ抜き剤として使用するのも良いでしょう。ただ、そのためだけにお金を使うのはもったいないので、お酢クエン酸で代用も可能です。

 

お酢でもサビのシミは落ちやすいですが、お酢はツン!と来るニオイが大変です。そこで一番おすすはクエン酸を水で溶かしたクエン酸水。これをサビのシミの場所にかかるだけでシミは落ちることが多いです。簡単なサビはこれでOKです。それで落ちない場合は漂泊です。

 

サビのシミの落し方

サビのシミは最初にクエン酸水をかけ、それで落ちていない場合は漂泊に入ります。一度しっかり濯いだ後に、台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

サビのシミの難易度は4です。簡単には落ちない場合があります。
〈スポンサーリンク〉

その他のしみ抜き方法