修正液のしみ抜き方法

修正液のしみはシャツの袖に付いてしまうケースがありますよね。普通に洗濯して落ちる場合もありますが残ってしまった場合はシミ抜きが必用です。修正液は表面的にへばりついているので、それを剥がすように取り除く事もできます。もしくは除光液を使ってみるのも良いでしょう。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



修正液のシミの落とし方

用意するもの

修正液は台所用洗剤で落とせる場合が多いですが、除光液が最も効果的。それでも落ちない場合は、漂白のしみ抜きをしましょう。

 

修正液のシミの落し方

まず最初に修正液の白い塊を歯ブラシやスプーンの背などでコリコリと削ぎ落としましょう。可能な限り落としてから次のステップに進みます。

※いきなり洗剤から入ると、落ちにくくなる場合があるので注意して下さい。

 

台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。修正液のシミは洗剤+水分だけで落ちる場合が大半です。もしくはアセトン入りの除光液をかけ、ブラシで少し擦るのも効果的です。

 

それでも落ちていない場合は漂白剤を使ってみましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

 

修正液のシミの難易度は?
〈スポンサーリンク〉