瞬間接着剤のシミの落とし方

瞬間接着剤は便利な道具ですが使い方によってはリスクも伴います。例えば手に付いてしまっても危険な場合がありますし、意図しない場所に付いても難儀。例えば衣類に付いた場合は取れるのでしょうか?実際には極めて難しいですが、やり方によっては可能性も。無理は禁物ですがシミ抜き方法を見てみましょう。

 


スポンサーリンク
瞬間接着剤のシミの落とし方


用意するもの

瞬間接着剤のしみ抜きは「除光液」が一番効果的です。最初は除光液で接着剤を落として行き、それから台所用洗剤や漂泊のしみ抜きなどの手順が効果的です。除光液を購入する場合は「アセトン入り」を購入しましょう。

 

除光液は裏地などに使用されている素材のアセテート・トリアセテートには使用できません。使用すると生地が溶けてしまう場合があるので要注意。

 

瞬間接着剤のシミの落し方

瞬間接着剤のシミは簡単には落ちません。そしてしみ抜きをする場合、結果を急いではいけません。急いでやると必ず生地が避けたりしますので注意しましょう。

 

まずアセトン入りの除光液を使用します。除光液を瞬間接着剤の上にかけ、ヘラかスプーンの先っぽでゆっくりと接着剤を落していきます。除光液が乾いたら、またかけての繰り返しです。

 

この時、焦って瞬間接着剤のついた生地をクネクネとさわると生地がパカッと裂けてしまいますので要注意です。とにかく根気が必要です。

 

ある程度、瞬間接着剤が落ちたら、台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯ぎ、場合によっては漂泊のしみ抜きをしてみても良いでしょう。ただし、瞬間接着剤が多く残って固い状態であれば、漂泊剤を使っても効果は期待できません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

瞬間接着剤のシミの難易度は高いです。
〈スポンサーリンク〉

その他のしみ抜き方法