最も簡単なしみ抜き方法!

衣類にシミが付いてしまった場合、皆さんはどのように処置をしているのでしょうか?よく聞く話では洗濯機で洗う前に洗剤をシミの場所に直接付けて、それで洗濯機を回していると言う方法。もちろんそれでも落ちる事ありますが、しみ抜きとまでは言い難い。洗濯機で洗う前に、ひと手間加えるだけで汚れの落ち方が随分と違って来ますので、ぜひ試してみて下さい。

 


スポンサーリンク
家庭で簡単に出来る染み抜き方法


台所用洗剤を使った最も簡単なシミ抜き!

特殊なシミは別と考えて、一般的に多いシミは食べこぼしだと思います。あとはボールペンなどのシミや、どこかに擦って付けてしまったシミなどでしょうか。これらのシミも完全に落ちるか落ちないかは実際にやってみないと分かりませんが、ぜひやって欲しい方法があります。

 

①シミの場所に「台所湯洗剤」を付けて洗濯機に入れるてまわす

②洗濯機で洗う前に「台所湯洗剤」で少しトントンしてみる。

 

この2つの方法を実践してみるだけで実は衣類に付いたシミは劇的に変わります。①を実践してみても良いし、②を実践してみても良いでしょう。①はとにかく簡単ですね。

食べこぼしのシミは油を含んでいますので、それらが付着した食器を洗う専用洗剤である台所用洗剤を使用するのが効果的です。ボールペンなどのシミもコレをするだけで完全に落ちなくても薄くなる場合が多いです。薄くなる事で次のしみ抜き工程が楽になるメリットがあります。

これらの方法は何の労力もかかりませんのでオススメです。特に①の場合は本当に「台所用洗剤」を付けて、そのまま洗濯機に入れるだけでOKです。

 

 

例えば、袖口に醤油のシミが付いた場合…

シミが付いてスグの場合だと、流水だけで落ちる場合もあります。まずは水道水をジャカジャカシミの場所に流して当ててみましょう。ここで完全に落ちなくても、シミが薄くなる場合もあります。少しでも薄くしておけば、次の処置が随分と楽になりますよ。

もしシミが残って場合は、食器を洗う時に使う「台所用洗剤」を使います。時間が経過したものなどは台所用洗剤だけでは落ちきれない場合もありますが、簡単なシミはこの作業だけで殆ど落とすことが出来ます。とっても簡単です。

台所用洗剤を使う場合、歯ブラシなどを使用しても良いし、ゴシゴシと擦って生地を傷めてしまいそうに感じる場合は、手もみしましょう。手荒れが気になる場合は手袋を付けて下さい。

もう殆ど落ちていますね。醤油やソース、コーヒーなどのシミは、もし衣類に付いてしまっても早くに対処すれば、こんな簡単に落とすことが出来ます。もし、この処置で落とせない場合は「漂泊」のシミ抜きが必要になります。シミは付いてから早ければ早いほど落ちやすい傾向があるので、放置だけはしないように気を付けるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

その他しみ抜き方法