スポンサーリンク

ボールペンのシミの落とし方

ボールペンのシミは簡単には落ちません。その中でも水性ボールペンは比較的落としやすい方ですが、必ずしも落とせると言うものではありません。油性ボールペン、ゲルインクとなれば何度は更にアップします。そこで自宅でボールペンの染み抜きをする考え方として、無理をせず根気よくする。このことを頭に入れておけば、落ちる確率も上がる事でしょう。

 


スポンサーリンク
ボールペンのシミの落とし方


ボールペンのシミは台所用洗剤で落ちる?

ボールペンのシミは、そのインクの種類や繊維や素材のタイプによって落ちやすいか否かは大幅に変わりますが、台所用洗剤や酸素系漂白剤、そしてセスキ炭酸ソーダなどのアルカリ剤を使うことで落とせる場合も多い。だからボールペンのシミと言って簡単い諦めてしまうのは勿体ないのです。

 

例えば、このボールペンの染み抜き事例を見ると、台所用洗剤だけで大方落ちているのが分かります。そして酸素系漂白剤やアルカリ剤でとどめを刺す感じです。

 

 

ボールペンのシミを落とすコツは?

ボールペンのシミを落とすコツとしては、やはり根気でしょう。簡単に1度で落ちてくれれば万々歳ですが、そうも簡単には行きません。何度も同じ作業を根気よく繰り返す必要がある場合が多い。

 

例えば台所用洗剤を使ってシミが薄くなったのであれば、この台所用洗剤が、そのシミに効果的と言う証拠です。それが分かれば、徹底的に繰り返すのかコツ。それが酸素系漂白剤であれば、酸素系漂白剤で徹底的に攻める。この考え方がしみ抜きの中では大事です。

 

ボールペンのシミはアルコールジェル

家庭のシミ抜きは意外と身近なもので染み抜きが出来ます。例えば手洗いに使用するアルコールジェルはボールペンのシミ抜きに有効的です。このアルコールジェルをシミの場所に付けて、根気よくトントンとしているとシミが落ちる場合も多い。

 

ボールペンのシミの落とし方

最初にアルコールジェルをシミ部分に付け、歯ブラシでトントンしてみましょう。それで落ちない場合は台所用洗剤をシミの場所に付けて、再び歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩く。それでも落ちていない場合は、最終手段として漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

ボールペンのシミの落とし方の難易度は?

スポンサーリンク