スポンサーリンク

衣類のシミ、落とし方のコツ

衣類のシミは思わぬ時にやってきます。ブランド品で大事にしている服に限って汚してしまったり、そんなことは日常茶飯事ではないでしょうか。大切な服の場合は自分でシミ抜きをして、服を傷めてしまうリスクがあるので、判断は難しい所ですが、シミのたびにクリーニングを利用していたら浪費が絶えません。

 

そこでなるべくリスクが少ない方法で最大限にシミが落ち、尚且つ誰でもできる簡単な方法を紹介してみることにしました。

 

スポンサーリンク
衣類のシミの落とし方

リスクの高い染み抜き方法

家庭でできるシミ抜き方法は様々な方法があります。もちろんクリーニング店のような専用の染み抜き台、専用の薬剤があるわけではないので、プロとまったく同じように落とせるかと言えばそれは不可能です。しかし、かなり近いレベルまで迫ることは可能です。

 

例えば、家庭にある洗剤でも酸素系漂白剤塩素系漂白剤、また還元漂白剤などがあり、マジックリンのような強アルカリの洗剤もあます。これらを駆使すればプロに近いシミ抜きだって出来ちゃいます。

 

更に言えば、沸騰したお湯や蒸気をお使えばシミが落ちる率もググッと上がります。しかしこれらの方法は失敗と背中合わせで非常にリスクが高いのです。

 

家庭しみ抜きで失敗したら、どうなるの?

家庭シミ抜きによる失敗で一番多いのは脱色と変色です。その中でも多いのが塩素系漂白剤を使用してしまった脱色が圧倒的に多そうに感じます。良心的なサイトでは「塩素系漂白剤」を使ったシミ抜き方法は紹介されていませんが、中には塩素系漂白剤でシミ抜きを紹介しているものもあります。

 

もちろん、全てがNOと言うわけではなく、その方法が正しい場合だってあります。しかし、塩素系漂白剤はあまりにもリスクが高いのです。普段から自宅でシミ抜きをしている方なら、その経験から衣類と対話しながらシミ抜きが出来ますが、普段あまりシミ抜きをしていない方にはハードルがあまりに高いです。まず塩素系漂白剤を使ったシミ抜きはやめましょう。

 

他に、強アルカリも繊維を傷めたり、脱色する原因になります。不用意に使うのは避けるべきです。

 

また熱湯でのシミ抜き方法、沸騰したお湯の蒸気を使用する方法も、火傷をされる方が多いです。この方法は確かにシミを落とすという視点から見れば、プロのクリーニング店が使用しているシミ抜き台の蒸気に近いです。しかし、沸騰したお湯の蒸気を使用する方法は危険が高く、消費者の安全を無視した不誠実な方法とも言えるでしょう。

 

安全で適切なシミ抜き方法は?

シミ抜きは簡単そうに見えて、実に奥深いものです。シミだけを見ていては繊維を傷めます。繊維を意識し過ぎるとシミは落ちません。

 

基本的な考え方としては、シミが付いたら出来るだけ早く落とすということです。これがシミが一番落ちやすい。しかし、気が付いたらシミになっていた、直ぐにシミ抜きが出来ないといたケースも多いでしょう。

 

そんな時は、出来るだけ安全な方法を根気よく何度も繰り返すことです。強い染み抜きを一気にすれば失敗のリスクも高まります。コツコツやっていく、それが結果的に一番安全で確実な方法なのです。 この具体的な方法に関してはこちら です。

 

 

スポンサーリンク