食べ物のしみ抜き方法

数多くのシミの中で、やはり食べ物でのシミって多いですよね。特に子供服なんてシミが付くのは日常茶飯事。これらのシミは意外と簡単に落とせます。 もちろん落とし難いものもありますが、ボールペンやインクなどに比べたら、ずっと簡単ですので、せひ試してみて下さい。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



しみ抜きに使用するもの

 

〈スポンサーリンク〉

 



食べ物のシミの大半は油シミ

食べもののシミの場合、シミが付いてスグに処置すれば、殆どの場合は簡単に落とす事が出来ます。実際にスグであれば流水だけで流し落とせます。

しかし食べ物の場合は油を使っていることが多いので、水だけでは油シミが残ってしまう事も。そんな時に活躍するのが、食事の際に利用する食器洗いに使う台所用洗剤です。

 

台所用洗剤を少し使うだけでビックリするほどキレイになる場合が多い。もちろん、時間が経過したものや簡単に落ちないもののありますので、その時はしみ抜きをしましょう。

 

食べこぼしのしみ、落とし方

少々のシミなら、台所用洗剤を付けて洗濯機へ

洗濯機に入れる前に、衣類に付いた食べこぼしのシミを見つけたら簡単に処置する方法があります。ある程度の大きさがあったり、強いシミの場合は除きますが少々のシミの場合は、そこに台所用洗剤をチョンと付けて、そのまま洗濯機に入れて回だけでキレイになる事があります。手間もかからず便利な方法ですよ。

 

広範囲のシミは難しい

家庭でしみ抜きをする場合、あまり広範囲だと家庭で処置をするのは難しくなります。シミの大きさが握り拳以上の大きさの場合は粉末タイプの酸素系漂白剤を水に溶かし、熱湯(40℃~80℃)の中に入れ、そこで漬け込み方法でしみ抜きをすると良いですよ。

ただし、熱湯による火傷や、高温で生地を傷めたり、脱色などのリスクも伴います。広範囲のシミの場合は信頼できるクリーニング店に任せた方が安全かもしれませんね。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



その他のしみ抜き方法