小龍包のしみ抜き方法

小龍包と言えば点心として人気で中身に肉汁がしっかり入っていますね。食べるととっても美味しいですが、おもわず失敗して肉汁がピョンっと服に付いてしまう事もあります。見た感じは大したシミにならない場合が多いですが、やっぱり肉汁です。早めの除去を心がけましょう。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 



小籠包のしみ抜き方法

用意するもの

小龍包のシミは比較的簡単に落とせるでしょう。ただ肉汁があるので、油断しては行けません。家庭でする場合に準備するものは、台所用洗剤だけで落とせると思いますが、落ちない場合は液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダクエン酸を使いましょう。

 

シミの落とし方

最初に台所用洗剤をシミの場所に付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

小龍包のシミの難易度は?

 

〈スポンサーリンク〉

 



その他のしみ抜き方法