飲み物のしみ抜き方法

飲み物のシミと言っても様々あります。お茶、ジュース、紅茶、コーヒーなど。誰の目に見ても分かりますがオレンジジュースとコーヒーではシミの濃さが違います。オレンジジュースは簡単に落とすことが出来そうだけど、コーヒーは落とすのは困難に感じますね。

 

ただ、これは意外と知られていませんが、こぼして乾くまでであれば、簡単に水だけで落とすことが出来ます。

 

ドリンクのしみ抜き方法

〈スポンサーリンク〉



しみ抜きに使用するもの


ジュースのシミ抜き方法(乾いた後)

一般的に家庭で出来るシミ抜きで便利なのが市販されている台所用洗剤です。どこにでも売られている中性台所用洗剤でOKです。シミの場所に洗剤を付けて、しっかり浸透させたら、あとは濯ぐだけ。オレンジジュースなどのシミの場合はコレで簡単に落ちますし、食べこぼしなどのシミにも有効ですよ。

 

ただ時間が経って変色していた李、コーヒーや紅茶、ぶどうジュースなど色素の強いものは酸素系漂白剤を使うなどの処置が必要な場合もあります。

 

コーヒーなど「乾く前」の対処法

コーヒーや紅茶などジュースをこぼしてしまった場合、乾く前なら実は水だけで簡単に落とすことが出来ます。シミになった場所を水道の蛇口を回して流水でジャーと流すだけで、実はみるみると言う間にシミは取れてなくなります。

 

これが自宅であれば服を脱いで、流水でジャーも出来ますが、出先のレストランでコーヒーをこぼしてしまった場合は服を脱ぐことも出来ません。この場合はどうしたら良いでしょうか?

この場合は、コップの水をタオルにしっかり含ませ、シミになった場所をトントンと上から叩き、シミの濃度を薄くさせます。可能な限り薄くしましょう。

 

残念ながら出先の場合は完全に落とすのは難しいかもしれません。でも、この段階で濃度を出来る限り薄くしておくことで、自宅に帰った後など、しみ抜きをする時、とっても簡単になりますので、この方法はおすすめです。

 

珈琲をこぼした場合のしみ抜き方法

コーヒーのしみ抜き方法(乾いた後)

コーヒーや紅茶など色素のある飲み物は、前述の通り例えこぼしてシミになってしまっても乾く前であれば水だけで簡単に落とすことが出来ます。

しかし、一度乾いてしまうと簡単には落ちません。ただ、乾いてスグの場合は比較的落ちやすいので、コーヒーや紅茶をこぼしてしまった時は、その日のうちに落とすように心がけましょう。

 

これらのシミは、意外と台所用洗剤だけで落とせる場合もありますが、酸素系漂白剤を使用しなくてはいけないケースが大半です。酸素系漂白剤と言っても液体ではなく粉末タイプを使った方が効果的。その理由は液体は酸性なのに対して、粉末はアルカリ性だからです。

 

〈スポンサーリンク〉



その他のしみ抜き方法